システムエンジニアのうつ病サイン

近年、うつ病などメンタルな面で通院する方が増えている。年代別で見ると、30代でビジネスマンに多い傾向があるようだ。性格で言えば、真面目で責任感があり、几帳面なタイプが多い特徴が見られる。職種ではIT業界に勤務する技術職に多いとされ、システムエンジニアにもうつ病予備軍が多く存在すると言われている。

原因としては、残業が続いたり休日出勤で労働時間が増えたり、職場の人間関係の悩みや、成果主義が常に求められることで肉体的にも精神的にも負荷がかかってしまうことなど、様々な点が挙げられる。30代という年代は、上司と部下の間に入って板挟みになってしまう年代という背景もあるのだ。

うつに早く気付くようにするには、サインを見逃さないようにすることが必要だ。気持ちが落ち込んでしまうことは誰にでも起きることだが、そうした状態がもし2週間ずっと続けば、心療内科など専門の医師に相談することがおすすめだ。
憂鬱な気分が2日や3日続くというならまだしも、半月以上続くというのは異常な状態である。また、気持ちの面だけでなく、時には症状が体の痛みとなって出てくるケースもある。仮面うつ病と呼ばれるもので、頭痛や肩こりの症状が出たり、腰痛など身体的な不調として表れるのだ。

早期発見ができれば、7割から8割の人が2ヵ月から3ヵ月程度の治療で治ると言われている。重症化させないためにも、自分自身の心の状態をチェックして、早期発見につなげるようにすることが必要だ。
チェック時の参考に「システムエンジニアのための”うつ病”対策」をご紹介しよう。ぜひ早めの対策で未然に防いでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>