システムエンジニアの職場でのうつ病対策

情報技術の開発業務では、パソコンと向き合う時間が長くなる。
また、納期が迫ってくると、スケジュールの厳しさから十分な余暇を取ることができないことが多い。その結果、精神的に大きな負担がかかってくる。システムエンジニアとして仕事に取り組む中で、うつ病に対する備えは十分に心がけて置くべきである。本人は十分に気をつけていたとしても、知らないうちに罹患しているというケースもある。

こうした問題を避けるためには、システムエンジニア同士が互いにチェックし気配りすることが役立つ。うつ病にかかる場合には、何らかの予兆が生じることが多い。注意が散漫となったり、十分な受け答えができないといった症状が起きる。こうした予兆を捉えて配慮を行う事が、システムエンジニアが取るべき職場での対策としてある。

もしスタッフが欠けるとなれば、さらにスケジュールが厳しくなる。そのため、プロジェクトを進行する責任者は特に、開発スタッフそれぞれの精神的な状態について把握しておくことが望ましい。そうすれば、軽症であるうちに治療を行う事ができ、職場への復帰にも時間がかからない。また、スタッフの精神的な負担を和らげるための工夫も、問題をできるだけ解消することに役立つ。
プロジェクトの締め切りまでに余裕を持って作業を行い、たとえ差し迫っている場面でも十分な休息を取ることができるように計らうことが、プロジェクトマネージャーの責任としてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です